ガルバリウム屋根のページを作成しました

株式会社市川工務店

0120-411-419

〒238-0025 神奈川県横須賀市衣笠町12-5

営業時間 8:30~22:00(年末年始を除く) 定休日 年中無休(年末年始を除く)

ガルバリウム屋根のページを作成しました

スタッフブログ

2019/02/19 ガルバリウム屋根のページを作成しました

 

株式会社市川工務店は横須賀市を中心に

外壁塗装工事等をさせて頂いてますが

外壁塗装の際にお屋根は「ガルバリウム鋼板」

を貼る事は?というお問い合わせも増えています。

 

また、点検や下見をした際に劣化が進んでおり

塗装では施工不可と判断し株式会社市川工務店から

ガルバリウム鋼板のカバー工法を勧めることもあります。

 

(スレート屋根のミルフィーユ現象)

 

(スレート屋根の反り *これくらいだとぎりぎりセーフくらい)

 

ガルバリウム屋根のページは

そのために、ディーズルーフィングシリーズ

「エコグラーニ」という部材で施工した例

をまじえながらガルバリウム屋根カバー工法

を紹介しています。

 

スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根が劣化すると

上記の写真のように「ミルフィーユ現象」や「過度な反り」

の症状が出てきます。そうなると屋根塗装をするには手遅れ

という事もあります。

施工店によっては既存のスレートを全部剥がし

新たに再びスレートを貼るという「スレート貼り替え工事」

を勧めるところも多いように思います。

 

株式会社市川工務店では「スレート貼り替え工事」は

勧めておりません。

既存スレート剥がし代・処分代が掛かり高額になりますし

再びスレートを貼るには下地のベニヤが劣化していて

釘が効かない場合がほとんどです。

 

 

*上の図のようにスレート材は釘止めの穴があらかじめ

空いていて、そこにしか釘を打てません。

新築の場合は下地のベニヤも新品ですから釘が効きます。

築後、何年か経ったベニヤには釘は効きません。

 

 

株式会社市川工務店ではガルバリウム鋼板を貼る際には

「防水紙」を貼ったうえで「墨出し」をして

野地ベニヤではなくその下の「屋根垂木」にしっかりと

止めていきますので工事後はもちろん丈夫な屋根が

出来上がるわけです。

 

株式会社市川工務店は総合リフォーム会社ですので

お客様の住まいの状態に合わせて最適な工法

お勧めしています。

 

「うちの屋根は塗装で済むのかガルバにしたほうがいいのか?」と

お悩みの方は点検だけでもお気軽にお声がけください。

 

ガルバリウム屋根 エコグラーニ カタログ

 

当社施工事例はコチラ(外壁塗装)

 

 

 

 

電話番号 0120-411-419・046-851-0699
住所 〒238-0025 神奈川県横須賀市衣笠町12-5
営業時間 8:30~22:00(年末年始を除く)
定休日 年中無休(年末年始を除く)

TOP